パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante)

住所: 〠231-0023 神奈川県横浜市中区山下町87-4
地図: https://bit.ly/2VGg92D
電話番号:  045-663-9044


パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante) だから体験できる、「わたしスタイルのLUXURY&LOHAS」

「犬に優しい街、横浜」を宣言し、ベイエリアを中心に「街」が舞台となって、毎年春に盛大に開催される「横浜ドッグウィーク」。
その仕掛け人であるオーナー社長のパンケーキのお店は、私たち「人間」だけでなく、私たちの大切なパートナーである「わんちゃん」にとっても優しく、心地よく、ゆったりとした贅沢な時間を一緒に過ごすことができるスペシャルな場所。ローフードマイスターの資格も持つオーナー社長の「健康哲学」を軸に、食材の品質と安全を徹底的して考えぬかれたメニューに、カラダもココロも喜び、満たされます。やさしい光にあふれる明るい店内は、ナチュラルテイスト。四季折々の花々が美しい山下公園や港の見える丘公園で「わんちゃん」とお散歩やおでかけをした後に、ぜひ一緒に立ち寄りたい一軒です。「わんちゃん」の誕生日には、ホンキのお祝いもスタッフが一緒になって、してくれる。そんなワンダフル体験ができるのは、ここ、パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante) ならでは。大切なパートナーである「わんちゃん」と一緒に、そんな宝石のようにキラキラ光るモメントを過ごしませんか?晴れた日にはテラス席で過ごすのもオススメです。


犬はペットではなく、私たち人間のパートナー

遥か古代の昔、遠い記憶の頃から、犬は人間のパートナーとして共存してきた。
私たち人間は、常に「生」と「死」の狭間を生き、「太陽」に神を見いだし、「暗闇」に死神を見いだした。
エジプト古代文明では、死を司どり、最後の審判を下す、ジャッカルの頭を持つ神アヌビス神と同じ種とされ、この神の耳に届く特別な経路を持っていると考えられていた、犬。『National Geographic』の記事によれば、人々の祈りを冥界に運ぶと考えられたために、犬も死者と一緒にミイラにされた遺跡が発掘されたという。ややディープ過ぎる「パートナー」ではあるが、犬が人間にとって、ある種の神聖さを伴って、なくてはならない存在であったことは確かだろう。

パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante)のオーナーである平山さんの人生は「波乱万丈」といってもよいくらい、女性経営者として様々な事業の冒険と挑戦、数多くの成功と挫折の積み重ねだった。美人だけど媚びない気丈さ、華やかだけれど何者にも何事にも倚りかからない凛としたしなやかさは、その豊かな人生経験によって醸成されてきたものなのだろう。瑞々しい感性とアイデアで、周りを「あっ!」と言わせる企画力と実行力。アネゴ肌で人情に篤く、周囲からの信望も篤い。

「私にとって、犬はペットではなく、パートナーであり、家族なのです。」

平山さんの人生における「道しるべ」と「転機」には、いつも愛犬がいた。
命あるものは、いつかは尽きる時がくるもの。
そうわかっているつもりでも、いざ、私たちが大切に想う存在を喪失した時の哀しみは深く、なかなか受け止めきれるものでもない。
いまはお店の看板娘として大活躍をしているデイジーの先代を亡くした亡くした時、平山さんはペットロスの哀しみで体重が激減し、文字通り、食べ物が喉を通らなくなってしまう。

ほどなくして、平山さんは「ローフード(Raw Food)」に出会う。
生で食べることにより、植物の酵素や栄養素を効果的に摂れて、健康や美容・ダイエットにも効果が出ている食事法で、ヘルシー意識が高い米国ではポピュラーな食事法である。”食べ物こそが、その人生の長さと質に多大な影響を与える” という「ナチュラル・ハイジーン」という健康哲学に基づいていて、有害な老廃物をデトックスしていく過程では眠気や倦怠感も感じられることがあり、公私ともに多忙を極める中でのローフードの実践は大変な時もあったが、次第に体が慣れていき、少しずつ食べることができるようになり、少しずつ元気になっていったという。

一流のひとに、共通していることがある。
とにかく勉強熱心で、物事をやり抜く胆力が凄い。
平山さんは研究に研究を重ねて、ローフードマイスターの資格まで取得し、講師として自分の時間を使うほどまでになった。

そして、デイジーが我が家にやってきた。
生肉など、決して触ることのできなかった平山さんだったが、パートナーでもあり家族であるデイジーにもヘルシーで最高の食事を食べさせてあげたい。
その一心で、必死で生肉を触る努力をした。そして、いまでは平山さんも、お肉を食べることができるようになった。
なんという素敵な信頼関係の、積み重ね。平山さんとデイジーの揺るぎなきパートナーシップのストーリーに、心打たれる。

大好きなYOKOHAMAと、わんちゃんと、最高の愛情で、最高にヘルシーなライフスタイルを

平山さんのライフスタイルは、とても豊かだ。
経営者として日々、真摯に事業に取り組む中で、オフの日はデイジーとの時間を大切に過ごす。デイジーと山下公園でお散歩した後は、お気に入りのカフェ『カフェ エリオット アベニュー(Cafe Elliott Avenue)』で、本場シアトルのカフェラテをテラス席で楽しみながら、ほっと一息つく。公私ともに多忙を極める人だからこそ、一瞬一瞬で消えていく時間の尊さを知っている。そんな上質な時間を大切にしている平山さんは、ほんとうに素敵な人なのだ。

米ハーバード大学に、「幸福な人生」について75年間研究した研究者たちが存在することをご存知だろうか?
この研究は1938年にボストンで始まり、今も続いている。「人生」についての史上最長の研究といわれている。そんな興味深い研究の4代目責任者であるロバート・ウォルディンガー氏が、TEDで発表した研究成果が、とてもシンプルではあるが、とても重要であると思うので、最後に共有しておきたい。

「よき人生というのは、よき人間関係によってつくられます。」

ここに付け加えさせていただくならば、「よき人間関係」だけでなく「共に生きる”わんちゃん”とのよきパートナーシップ」「地球上におけるすべての生命体とのよき共生関係」によって「よき人生」はつくられる、といったところだろうか。

 

TED:What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness | Robert Waldinger

▶ パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante)の「ローズのおもてなしの一杯」のストーリーは「2」へ・・・

1

2

関連記事

  1. ローズホテル 横浜(ROSE HOTEL -YOKOHAMA-) 

  2. モーション・ブルー・ヨコハマ(Motion Blue yokohama)

  3. 保護中: Marine Club

  4. ビストロノミー “ラトリエ 1959” ヨコハマ

  5. 揚州飯店本店

  6. 保護中: ポーズカフェ(Pause Cafe)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。