バレルポッド(BarreLPoD)

住所: 〠231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-9第二共同ビル1F(最寄り駅 関内駅)
地図: https://bit.ly/2WouNIS
電話番号: 045-262-1221


バレルポッド(BarreLPoD) だから体験できる、「わたしスタイルのLUXURY&LOHAS」

ヨコハマ関外吉田町(よしだまち)は、伊勢佐木町から野毛町の回廊のように位置する商店街である。歴史的には、1859年の開港後に外国人と武士のトラブルを回避するため、幕府が吉田橋の袂に関所を設け、京浜東北線から港側の馬車道・関内に外国人が居住し、内陸側の関外エリアに日本人が居住した経緯がある。また、船乗り達が港について、遊んだ歓楽街が関外エリアだった。そのため、船乗り文化と庶民文化が織り重なって、なんともいえないディープなローカル文化を感じることができる。毎年、新緑が美しい5月と夏に「吉田まちじゅうビアガーデン」等のイベントで昼夜と賑わっていることからも「吉田町(よしだまち)」がナイトエコノミーの街であることは想像に難くない。特に、夜はまるで軍艦島を歩いているかのような、わくわく感に満ちている。

バレルポッド(BarreLPoD)は、そんな吉田町(よしだまち)」の表通りの一角にあり、常連さんに長く愛されているお店である。スタッフは明るく、とにかく居心地がよいのだ。一見さんでも、ふと気づけば常連さんの会話に入ってワイワイしていることも。ぜひ一度、ふらりと訪れ、その居心地のよさを体感してほしい。


 
きっとまた、足を運びたくなる。おとなのネバーランド。

横浜の街を歩いていると、「のらねこ」と遭遇することが多い。
自由に生き、けれども生活が保障されているわけではない「のらねこ」は、クールだ。
100年時代といわれる「いま」を生きる私たちに、自由の贅沢さ、そして厳しさ、を教えてくれる存在なのかもしれない。

“If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive. If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive. (タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。)”

襟を立てて、いつかどこかで聞いたことのあるセリフをつぶやきたくなったら、ヨコハマ吉田町の『バレルポッド(BarreLPoD)』の木の扉を開けてみよう。ほっと一息をつけるような、あたたかな雰囲気が、今日も一日がんばった体を、やさしく包んでくれるだろう。

カウンターに座ると、自由気ままにぶらりと立ち寄っては『バレルポッド(BarreLPoD)』でお酒を楽しんでいる常連さんと、ふと会話が始まることもある。オープンして8年半、足繁く通うお客様が後を絶たない。お食事メニューが豊富で美味しいことも、人気の秘密かもしれない。

Barrelは「樽」。共同創業者の倉本さんは樽で熟成したお酒をお客様にゆっくりと味わって、楽しんでいただきたい。そんな想いを持っているので、棚には所狭しと様々な樽酒やリキュールが並んでいる。まるで、お酒の図書館に迷い込んだような錯覚を覚える。見ているだけで楽しいし、チーム・バレルポッドの面々が心地よい距離感を保ちながら絶妙なタイミングで話しかけてきてくれるので飽きない。

生まれ故郷の横浜を舞台とした数々の名作を創作した大佛次郎(おさらぎ じろう)の書籍も置いてあるので、港の見える丘公園で薔薇を楽しんだ後で大佛次郎記念館に立ち寄ったひとは『バレルポッド(BarreLPoD)』で大佛次郎のエッセイを読みながら一服されるのもよいだろう。大佛次郎は、500匹の猫と暮らした文豪として有名だ。「成熟」とは子供のとき遊戯の際に示したあの真剣味を再び見出すこと、といったのは誰だったか…そうだ、「人生を最高に旅しよう」との名言を残したニーチェだった。

人生を最高に旅するために。
今日も自分の好きな「あのお酒」をいただきに、木の扉をたたこう。
チーム・バレルポッドが明るく迎えてくれる、あの居場所へ。

“バーとアートの街”吉田町は、インスタ映えする小路も多い。
ほろ酔いで帰る道中、「のらねこ通り」を歩いて帰ろう。

▶ バレルポッド(BarreLPoD)の「ローズのおもてなしの一杯」のストーリーは「2」へ・・・

1

2
  • コメント: 0

関連記事

  1. 中村孝明YOKOHAMA

  2. 馬車道十番館 レストラン

  3. ホテルニューグランド

  4. 横濱元町霧笛楼

  5. パンケーキリストランテ (Pancake Ristorante)

  6. 保護中: カフェ・エリオット・アヴェニュー(Cafe Elliott Avenue)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。