私達について

CommuniCARE(コミュニカーレ
代表プロデューサー  Yuko Baba(馬場 裕子)

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科(国際関係学修士号取得)卒業。
“花とみどり”を切り口に「コレクティブ・インパクト*」での価値共創活動を応援するメディア 『MON BIJOUX(モン・ビジュー)』を制作運営する傍ら、バングラデシュIT企業 DataSoft Systems BangladeshのジャパンオフィスにてChief Marketing Officerを務め、「ジャパンブランドの発信と、その先の異文化との共創」を志す。
持続可能な発展・繁栄のためには、ひとりひとりのWELL-BEINGが大切であるとの信条から、『MON BIJOUX(モン・ビジュー)』で「花とみどり」 や「食」の切り口で「ローカルならではの魅力と体験」をロハス軸で発信。”Sense of Wonder” の感性を大切にした コトづくりのマーケティングで、その「地域ならではの魅力の共創」に地域社会と一緒にハンズオンで取り組む。

コレクティブ・インパクト*= 『Stanford Social Innovation Review』で発表された論文”Collective Impact”で定義。様々なプレイヤーが共同で社会課題解決に取り組むための一つのスキームで、効果を最大化するための枠組み。

アドバイザー Dr.Nanacy Snow(ナンシー・スノー博士)

Public Diplomacy(広報文化外交)の専門家として、日本のみならず中国や韓国にて、アカデミアの立場から国のブランディング戦略を提言。アメリカン大学にて国際関係学博士号を修めた後に、20年以上にわたり、UCLA、シラキュース大学、南カリフォルニア大学など世界のトップレベルの大学で教鞭をとってきた。南カリフォルニア大学コミュニケーション・ジャーナリズム学においては長く助教授として勤務。大学が外交に関わるセンターを設立するにあたり、センター最初の上席主任研究官としてその設立に関わる。
日本へは、慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所の安倍フェローの一員として招聘されて来日。世界から見た日本のブランドイメージに関する調査「日本のブランディング戦略」を指揮、その後、京都外国語大学の客員教授、テンプル大学日本校の現代アジア研究所の非常勤講師として活躍。中国では清華大学等で活躍、韓国やインドにも招聘されて、活躍の舞台を広げている。

 

CommuniCARE(コミュニカーレ)について

 

▶ コミュニカーレのストーリーは、「2」へ・・・

 

1

2 3 4