ホテルニューグランド

住所: 〠231-8520 神奈川県横浜市中区山下町10番地

地図: https://bit.ly/2tZAnER

電話番号: 045-681-1841(代表)


 

ホテルニューグランドだから過ごせる、「わたしスタイルのLUXURY&LOHAS」

第二次世界大戦後、マッカーサ元帥は、声明文朗読の後、すぐさま乗用車に乗り込み、まっすぐホテルニューグランドを目指した。横浜を、横浜の人々を深く愛し、ホテルニューグランドを創作活動の場としていた、時代小説家の大佛次郎。横浜を舞台にした『霧笛』をはじめ『鞍馬天狗』他、数々の名作をここホテルニューグランドから生み出している。

人々に愛され続けてきたその理由を考えるとき、数えればきりがないが、敢えて一つだけ特筆するとすれば、港町特有の懐の大きさと温かさを感じさせる一流のホスピタリティだろう。それは、HOME(故郷)のような温かさでもある。時折聞こえてくる汽笛の音に異国旅情を感じつつ、クラシックホテルならではの時間のゆっくりとした流れにたゆたう、素敵な時間が、ここにはある。


 

「海の守り神」として織り紡いできた100年と繋いでいく100年、和魂洋才のホスピタリティ

“An unending dialogue between the present and the past(歴史とは現在と過去との絶え間ない対話である)”

E.H.カーが著した『What is history?(歴史とは何か)』の一節を、ふと思い出した。

開港文化の歴史、そして戦後日本の歴史を振り返ると、いつもそこにホテルニューグランドがあった。横浜の街に寄り添い続ける、開港文化の歴史と伝統の門番人。マッカーサー元帥が終戦の声明文朗読後、すぐに向かったのはホテルニューグランドであり、彼が宿泊した315号室は「マッカーサーズスイート」と呼ばれ、当時つかわれていたイスやライティングデスクも、そのままに使われている。横浜の歴史に寄り添い続け、2017年に開業90周年を迎えたクラシックホテル。一世紀近い歴史を蓄積しているということは、そこには多岐にわたる有名無名の人々の人生の、何気ないひとときのワンシーンを、まるで蔵書のように蓄積しているということである。クラシックホテルで過ごす「非日常性を味わう」という醍醐味の本質は、その「生きた」博物館のような息づかいに触れることにあるのかもしれない。

ニューグランドブルーの本館の大階段をゆっくりと上がっていくと、イタリア製タイルが敷き詰められた荘厳美の中にも、上質な日本の「真善美」のエスプリが感じられて心地よい。本物であることの安心感があるからなのだろう。例えば、京都西陣織では170年の歴史を紡ぐ川島織物の川島甚兵衛が製作した綴織の「天女奏楽之図」。本館ザ・ロビーに進んでいくと、天井から吊されている東洋風の伽藍の灯籠が、開化式建築の空間に優しく灯っている。まるで、神殿のような厳かさだ。

ホテルニューグランドを訪れたら、レインボールーム側の太いマホガニーの柱を背に置かれているキングスチェアの肘掛けに棲んでいる「天使」に会いに訪れてほしい。ダンス発祥の地・横浜らしく、かつては紳士・淑女の社交ダンスの会場だったレインボールームは、その後、婚礼会場として2世代、3世代に渡って愛されてきた。そんな幾重もの幸福の繋がりと祝福を、静かに見守ってきた天使の顔を撫ぜると、幸せな人生を送れるとか送れないとか。90歳の「恋のキューピッド」は、永遠の現役として今日も訪れる私たちを変わらないあどけなさで迎えてくれる。

もう一つ、ホテルニューグランドのシンボルマークである「不死鳥」も、どこにあるか見つけてみてほしい。

▶ シーガーディアンⅡの「ローズのおもてなしの一品」のストーリーは「2」へ・・・

1

2

関連記事

  1. シェ・フルール横濱

  2. 馬車道十番館 英国風酒場

  3. 保護中: Marine Club

  4. 揚州飯店本店

  5. 横浜山手 えの木てい

  6. 保護中: カフェ・エリオット・アヴェニュー(Cafe Elliott Avenue)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。